貯蓄の為の節約術|独身女性は貧乏な老後が待っている…記事一覧

『節約』は、今や賢い主婦の上手な家計管理の代名詞です。かつて、『節約』がケチであるかのような時代がありましたが、そんな時代はとっくに過ぎました。言い換えれば無駄のない暮らしです。では、日常生活において『無駄』とは、どんなことでしょう。例えば、最小限の生活をすれば、生活費も最小限で済みます。しかしそれでは、あまりにも潤いがありません。これは、『節約』とは言えませんね。外食や旅行、オシャレや趣味にも多...

生活費には、『固定費』と『変動費』があります。固定費とは、住宅費・保険料など、毎月決まってある同額の出費を指します。変動費は、食費・光熱費・通信費など、毎月金額が変わる費用を言います。生活費を節約するとき、まず、この2種類の金額を算出してください。収入から固定費を差し引くことで、変動費として使うことができる金額が出ます。この時点で、生活費として金額が不足している場合には、固定費の見直しが必要です。...

給料日前になってお財布の中が寂しくなり、節約したい!節約しなきゃ!と感じることは多くても、その方法を思いつかないという方も多いのではないでしょうか。まず、節約に必要なことは、家計の収支を知ることです。収入に対してどれだけの出費があるのか、これが把握できなければ節約はできません。そして、支出の目標金額が必要ですが、無茶な金額を提示すると長続きはしません。節約方法の大切なポイントとして、継続できること...

生活費の中で、毎日の食事にかかる費用【食費】は重要ですね。食費は、収入の15%程度が理想的です。『節約』を意識したとき、食費を削ることを考える方は多いかもしれませんね。食材の買い物は、どのようにしていますか?・1週間に1度に買いだめをして、余計なものを買わない。・毎日、必要なものだけを買う。・チラシを見て、広告の品など安くなっているものを中心に買い物をする。など、方法は様々です。また、・先に献立を...

食費の節約方法には、食材の見直しがあります。1回の食事に使う食材から高価なものが減れば、食費は減りますね。しかし、ただ減らしただけでは満足感は得られません。代わりになる食材が必要です。また、代わりの食材が高価なものでは、意味がありません。安くて食べ応えがあり、満足感を得られる食材を活かしましょう。・コンニャクコンニャクは、下茹でして臭みを取り、煮物や炒め物に活用できます。味噌や醤油と相性が良いので...